【同じ程度の才能、同じ程度の教育、そして同じような激しい仕事ぶりなのに、なぜ或る人は他の多くの人々よりも、より大きな成功を収めるのだろうか?】

ポールJマイヤーは、まだ20才代で自らセールズマンをリクルートし、自分の販売組織を作り、訓練し始めた頃から、この疑問を追求し続けた。
ポールJマイヤー自身は子供の頃から勝者であり、他の人々がなぜ四方八方を失意落胆、失敗や平凡さに囲まれて、限られた人生を送ろうとするのか、理解できなかった。

そこでマイヤーは、自分の販売組織の人々を対象に実験を行ないながら、目標設定を通じてセルフ・モティベーションの力を発揮させる方法を開発していった。
長年にわたり、幾多の障害を乗り越えて大きな成功を獲得したポールJマイヤーは”人々を限りなく羽ばたかせる”ことに献身するため、サクセス・モティベーション・インスティチュート社(SMI)を設立した。

ポールJ.マイヤーがSMIを設立し、国際的に確たる現在の地位を得るに至った経緯は、読む人を惹き込まずには置かない。
特にマイヤーが週掛け生命保険の販売員兼集金人という境遇から、製造・販売・サービスの為の国際企業の会長に収まるまでの波乱に富んだ経験は、多くの教訓と刺激とを与えてくれる。

【ポールjマイヤーの人間学〜勝利への奇跡】

#心構えこそ全てだ
#SMI
#引き寄せ
#サイコサイバネティクス
#勝利への奇跡
#SMIプログラム
#ポールjマイヤーの人間学

最近の投稿

【米百俵】とは

北越戊辰戦争に敗れ困窮した長岡藩に、見舞いとして送