【SMIの有田会長】

2019年の春にSMIジャパンの有田会長が他界された

SMIの歴史を作った方である

昭和44年にSMIビジネスを始める

当時のジャパンタイムズの求人欄に
“月収100万円可能”という誘い文句に惹かれて
渋谷代官山のSMIジャパンマイケルロンバルディ社長の元でSMIビジネスを始めた

今の価値でいうと
月収1,000万円可能!?というふれこみだ😅

よく、その金額の求人でSMIの門を叩いたとは思うが、当時は借金があったから食いついた

昭和42年にシンガポールでの事業に失敗して¥2,000万円の借金を抱える

現在の価値に換算して3億円の借金を抱えてたから、月収1,000万円くらいないと返せないと思って飛びついたとの事だ

それにしても凄い決断である

36歳から78歳までの42年間SMI一筋に人生をかけてSMI普及に献身された

SMIプログラム普及のために
PJMバルーンチーム
PJMフューチャーズ(現サガン鳥栖)
PJMスピードスケートチーム
PJMスキーチームetc

このSMIプログラムがいかに素晴らしいものかを証しされるためのプロジェクトを立ち上げられた

この功績はSMIに携わる我々にとって大変な偉業である

私もいまから22年前にSMIビジネスで行き詰まり有田会長に電話させていただいたことがある

「この仕事で行き詰まりました。廃業か?独立か?どうしたらいいですか?
独立には600万円のお金が必要ですが手持ちは30万円しかなくてどこの銀行も融資を断られて・・」と聞いた

会長は「覚張くんの販売力ならまだまだできる!じゃあ頑張って・・・」ガチャン プープープー・・・

唖然とした

それから30分考えた

”あっ俺なら出来るんだ!”と

私も単純だったので😅その言葉を信じ切りそこから復活した

いつも簡単な深い間違いない真理の言葉を下さった有田会長

そのバトンを継ぐ人間として成長しようとして33年が経つ

これからわたしは生涯現役で、このバトンを後世に渡す

最近の投稿

【米百俵】とは

北越戊辰戦争に敗れ困窮した長岡藩に、見舞いとして送